MS処理でマスタリング

音楽配信サイトで自分の曲を聴いていると、有名な曲に比べて音圧が少し足りなく、広がりが少ない事に気づき、MS処理でマスタリングを試してみました。

以下Cubase AI 5での処理方法です。

画像


2MIXした音源を1Chに配置。
Recモードを解除し、チャンネルを分割とモノラルで書き出す。
1Ch元の音源をミュートして、2ChにR、3ChにLを配置Sをクリック。
2ChのRの位相を逆にして、モノラルで書き出し、4Chに配置してLとする。
2Ch・3Chを削除。
4Chを2Chに移動して複写し、位相を逆にしてRとする。
1Ch元音源をモノラルとして書き出したファイルを4Chに配置する。
2Ch・3ChのPANをLRに移動。
音圧は、それぞれに同じプラグインを挿入して調整する。

以上を行い、『蛍の里 香澄』をアップしました。↓
http://mora.jp/package/43000002/bigup12909677/

次回CD制作時には、この方法を取り入れたいと思います。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 2

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック