音楽配信 サブスクリプションにおける再生収益率

◆音楽配信 サブスクリプションにおける再生収益率
こんなタイトルで検索し、ヒットしたブログを拝読すると、僕の収益率とは異なる結果が出ていました。
そもそも、各配信ストアにおいては、ストア収益も収益全体から何パーセントをアーティストに還元しているのかは不透明です。
再生回数は変わらないのにも関わらず、収益が半分以下になっていたりと変化している中で、各ストアの収益率を公表するのも如何なものかと思いますが、
これから配信されるアーティストの皆様に少しは参考になればと思い公表致します。

以下2018年7月~2019年3月までの9ヶ月間の各ストア1再生における還元率です。

1位 AWA \0.64(0.45)
2位 LINE MUSIC \0.62(0.43)
3位 Google Play Music \0.53(0.37)
4位 Rakten Music \0.32(0.22)
5位 Apple Music \0.23(0.16)
6位 Spotify \0.11(0.08)

その他
Amazon Music Unlimited ?
YouTube Music(国内) ?
YouTube Music(海外) ?
Spotify(海外) ?
KKbox ?

僕の場合、契約しているディストリビューターのサブスクリクションにおけるアーティストへの還元率は70%ですので、
()の数値は、その%を引いた値になり、実際の収益率となります。
また、その他の配信ストアでは、僕が配信登録しているディストリビューターでは収益は表示されますが、
再生回数が何故か表示されませんので、還元率を計算することが出来ず、?と表示しています。

そして、ダウンロードやサブスクリクションで再生された楽曲の収益は、各配信ストアの規定にはよりますが、
早くても翌々末、遅ければ翌々々末の支払いとなっており、そこから10%の税金と振込み手数料を引かれた金額が手取り金額となります。

僕の場合、アーティストへの還元率はダウンロードで50%、サブスクリクションで70%という規定で、無料配信と言う方法を選択していますが、
有料配信する場合はアーティストへの還元率を100%にする事も可能です。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

2019年09月26日 20:39
ありがとうございました。