Cコロナ接触アプリCOCOAの入った端末を製作

kf_pocketbell_36 (2).jpg

政府が推奨するコロナ接触アプリCOCOAをどのようなものかと、
興味半分で不具合の出る前からインストールしようと
Google Play Storeで検索したが...無い(T_T)
ググって見るとandroid6以上の端末に対応だが
android6でも正常使用出来ない端末が有るらしいことが分かった。

僕が使用している端末はandroid5.1である。
これ以上のアップデートは出来ない。
なのでインストールしたくても出来ないのだ。
android5.1でもLINEを含めSNSは利用でき、
僕の利用しているその他のアプリでも不具合は無いが、COCOAはインストール出来ない。

このような情報は情報番組を見ていても、
ITジャーナリストと紹介されている人の話を聞いていても、
是非インストールして下さいと言うだけで、
このような古い端末ではインストール出来ないし、
インストール出来ても不具合を起こす事が有ります等とは言わない。

2020年4月の報告によれば、Andloid6未満を使用しているパーセンテージは15%ぐらいらしい。
僕もその一人では有るが、ガラ携しか持っていない人も含めると、人口の何パーセントが
コロナ接触アプリCOCOAを使用できる環境に有るのだろうか。
政府の普及目標は人口の6割、60%と言う事だが、
それは全ての人がインストールできる環境にある事を前提とした数値なのだろうか。

60%以上を達成するには、既にCOCOAの入った端末を製作すれば良いと思う。
COCOAはBluetooth機能で機能を果たすわけだが、
僕もそうであるように日頃はスマホのBluetoothもWi-FiもOFF設定だ。
例えCOCOAがインストールされていても、Bluetooth OFFでは機能はしないし、
また、自分の居る場所を特定される位置情報も必要な時だけしかONにはしない。

これらは、スマホは個人情報が満載であるがゆえの対策なのだ。
そのようなプライバシー意識を持った人にも運用してもらう為には、
クレジットカードぐらいの大きさや薄さになる事がベターだが、
昔のポケベルぐらいの大きさの端末を作り、全ての人に配布すれば良いと思う。

その端末は、ややこしい設定等何も必要なく、
位置情報もBluetooth機能もOFFには出来ず、
コロナ接触情報は文字情報のみとし、
地震、大雨、洪水等々の緊急情報も受け取れて、
非常時にはアラームで知らせるようにすれば
僕のように各地区がスピーカーで緊急情報を流しても届かない人たちにも
端末からのアラームで知らせる事が可能だと思う。

コロナ接触情報には文字情報だけで良いのだが、緊急情報の非常時には是非とも
音量調節の出来ない大きな音でアラームを鳴らしてほしいと思う。

さて、政府が配布すると言っても、端末本体が個人住所、個人名で配布されると
端末番号と個人が紐づいていると疑う余地もあり、使いにくいのだが、
端末受け取りを携帯電話会社の各店舗とし、引換券だけを送付、
受け取り時には個人名もいらない、とすれば普及するのではないかと思う。

何十億円、何兆円も予算があるのなら、
これからの新生活様式として、Withコロナ、With災害時代の為に
是非とも、このような端末を製作して、配布してもらいたいものである。